プラス糖尿病

糖尿病の検査・判定の方法

検査,判定

一般的な健康診断や人間ドック等で糖尿病の気があると診断された人も多いと思います。この時点行われるのは、尿の中にブドウ糖が含まれているかを調べ、体重や身長から肥満度を割り出した生活習慣についての問診等を行います。これだけでも、相当怪しい、と判断されると血糖値の測定をします。
ですから、もし、健康診断で血糖値が高い、と言われたら、糖尿病の疑いがあるというだけではなく、合併症の検査も行いましょう。


糖尿病の判定基準

血中糖度の値を測定して、糖尿病かどうかを判断する為に日本糖尿病学会では判定基準を定めています。判定に利用されるのは”空腹時血糖値検査”と”ブドウ糖負荷試験”です。

正常型

“空腹時血糖値”が100mg/dl未満で、”ブドウ糖負荷試験2時間値”が140mg/dl未満。

この範囲内であれば、現時点で糖尿病の発症を心配しなくてもよいと言えるでしょう。


境界型

“空腹時血糖値”が100mg/dl以上126mg/dl未満、もしくは”ブドウ糖負荷試験2時間値”が140mg/dl以上200mg/dl未満。

正常型・糖尿病型どちらにも属していない状態で、”糖尿病予備軍”と呼ばれる事もありますが、糖尿病ではない、とは言えない状態なのです。早急に治療を始める必要はあまりありませんが、早めに詳しい検査を行うのがおすすめです。


糖尿病型

“空腹時血糖値”が126mg/dl以上、もしくは”ブドウ糖負荷試験2時間値”が200mg/dl以上。

どちらかの検査でも基準値を超えている場合には、糖尿病の可能性が極めて高いと考えられます。詳しい検査を行う必要があります。


測定検査の種類

糖尿病の詳しい状態を調べるためには、血糖値だけでなくヘモグロビンや血中のたんぱく質とブドウ糖の割合を調べる検査等を行います。また、原因を解明する為には遺伝病検査や膵炎等の有無を調べる事もあります。

尿糖

尿糖試験紙を使い、尿中の糖の有無を短時間で調べる事ができます。
血液中のブドウ糖濃度が非常に高くなると、尿中にまでブドウ糖が排出されてきます。そのため、この検査でブドウ糖が含まれている事がわかれば、高血糖の可能性が高いと判断できます。
しかし、この検査で確実に高血糖である、糖尿病であると診断されるわけではありません。先天性の”腎性糖尿”は疾患でも糖尿病でもありませんが、この検査で尿が検出されます。また反対に、軽度の糖尿では尿中の糖が検出されないこともあります。

血糖測定(随時血糖・空腹時血糖)

血液を採取して、直接血糖値を測定します。これは、糖尿病を診断された後も定期的に行われます。
この検査で糖尿病かどうかの診断をする為には、空腹時とそれ以外の時間帯で時間指定をせずに血糖値を測定します。空腹時の血糖値は”空腹時血糖値”といい、126mg/dlを繰り返し超える場合には糖尿病の可能性が高いと考えられます。
また、空腹時以外の時間の血糖値は”随時血糖値”といい、食後2時間以上経過しているのに200mg/dl以上ある場合には糖尿病の可能性が高いと考えられます。

ブドウ糖負荷

検査前10時間は何も食べないで、空腹時血糖値を計測しておきます。その後、ブドウ糖が含まれたテスト液を検査2時間前に飲みます。ブドウ糖摂取後、時間経過と血糖値の変化を観察し、時間帯の血中ブドウ糖濃度の変化を調べることで、糖尿病と診断される規準に該当している部分がないかを調べます。
糖尿病もしくは境界型の場合、摂取後の血糖値は長時間上がり続け、2時間経過しても摂取前より血糖値が高い状態になっているのが特徴です。