プラス糖尿病

糖尿病神経障害

糖尿病神経障害

糖尿病が怖いといわれる所以である3大合併症のうち、神経系に異常が現れるのが”糖尿病神経障害”です。実は神経系に異常が起こるメカニズムはハッキリと解明されていませんが、複数の要因が重なることで起こるといわれています。
しかし、進行すると生活の質が低下するだけでなく、命に関わるほど病状が進行してしまうケースも少なくない、怖い合併症だということを覚えておきましょう。


糖尿病神経障害とは

人間の体には中枢神経と末梢神経がありますが、糖尿病で主に障害を起こすのは末梢神経です。血管障害が起こると中枢神経のある脳や脊髄に影響を及ぼす脳梗塞が起きます。

末梢神経系の異常が起こる

末梢神経に異常が起こると、筋肉を動かしたり指令を出す運動神経、熱や痛み等を感知する感覚神経、自分の意志とは関係なく体温や臓器の働きコントロールしている自立神経が正常に機能できなくなります。そのため、怪我をしてない場所が傷んだり、逆に傷けがをしても痛みを感じにくくなったりします。また、手足が痺れたり急に汗をかいたりするのも末梢神経の異常によって起こります。
さらに、痛みを感じないので傷から壊疽を起こしたり、狭心症の胸の痛みを感じなくなり突然心筋梗塞で倒れてしまう場合もあります。

診断方法

症状があらわれている場合には、その症状をみるだけでもある程度進行具合やタイプを判断する事が可能です。しかし、そこまで進行する前に糖尿病神経障害の検査を受けて、軽度のうちに進行を食い止めたいですよね。
症状がほとんど現れていなくても、腱反射テストや振動検査等で神経伝達速度を測定し、神経への異常を調べます。
また、神経障害が出ていると痛みを狭心症が進行しても痛みを感じないことがあるので、心電図検査を行うことも大切です。

糖尿病神経障害でみられる症状

糖尿病神経障害では全身のいたるところで様々な症状がみられます。一つ一つは大したことのない症状に思えることもありますが、放っておくと命に関わる場合が多いんです。

知覚障害

触られている感覚がなかったり、反対に触っていないのに触られている感じがする…。これは知覚障害の症状です。痛みや熱に対しても正常な知覚反応ができなくなるため、怪我が進行して壊疽を起こしたり、疾患でみられる特徴の痛みや熱に気付かずに病状が悪化してしまうこともあります。進行すれば壊疽を起こし足を切断しなければならない場合もあります。
また、顔面神経痛や肋間神経痛等が起こることも多く生活に支障が出てしまいます。


自律神経障害

自分の意志とは関係なく生命活動維持の為の活動を担当しているのが自律神経です。交感神経と副交感神経が入れ替わって作用しています。
この自律神経に影響が及ぶと、様々な臓器を管理・コントロールしている神経が正常に調整を行えなくなり、全身で色々な症状がみられるようになります。
暑くもないのに汗をかいたり、暑いのに手足からは全く汗が出ない、立ちくらみやめまい(起立性低血圧)、突発性難聴や食事中に大量の汗をかくというのも自律神経障害でみられる症状の特徴です。


消化器系の異常

自律神経が影響を受けると、胃や腸の働きが安定しなくなります。活発になることもありますが、神経障害が進行すると運動機能が低下し、胃無力症や、下痢・便秘を繰り返す交代性便通異常になります。こういった症状は突然起こりますが、腹痛を伴わない事が多いのが特徴です。
消化器系の運動神経に影響が出てしまうと、食事の後の消化吸収が一定ではなくなります。そのため、食後時間がたってから血糖値が上がったり、食べたあとなのに糖の値が下がっていた場合には注意が必要です。


排尿障害

膀胱に尿が溜まってくると感じる尿意は、自律神経の働きによってコントロールされています。そのため、神経障害の影響で尿意を正常に感じることができなくなるのが排尿障害です。
尿が溜まっていないのに尿意を頻繁に感じたり、また、膀胱いっぱいに尿が溜まっているのに尿意を感じられず排尿できない、という糖尿病性無力性膀胱の症状が現れます。
症状が前立腺肥大と似ている事もあって早期発見されない場合もありますが、正常に排尿できないと、膀胱炎になる危険が高くなります。


ED(勃起不全)

糖尿病神経障害で勃起不全が起こることは比較的有名ですが、逆にそのことが心因性のストレスとなって勃起障害が起こっているケースが多くみられます。
神経障害だけが原因とではなく、血管障害とストレスが重なってしいる場合もあります。軽度であれば食事や血糖のコントロールだけで改善できることもあります。また、深刻な状況の場合にはバイアグラを処方することで改善の効果がみられます。
しかし、心筋梗塞や狭心症等の冠状動脈障害がある人もしくは既往症がある場合には、バイアグラが使えない場合もあります。