プラス糖尿病

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

「糖尿病が進行すると失明する」といわれているのは、糖尿の三大合併症である”糖尿病網膜症”という合併症が進行する為です。
だからと言って、糖尿病でも失明する可能性はあまり高くない、と自己判断してはいけません。糖尿病による網膜症は、失明直前まで何の自覚症状もないまま進行していく恐ろしい疾患です。
失明が起こるのは高血糖による血管障害が進行した最終段階ですが、糖尿病になると初期の段階から目の血管には異常があらわれます。ですから、きちんと定期的に検査を行っていれば防ぐことも可能です。


“糖尿病性網膜症”とは

糖尿病が進行すると様々な眼性疾患も引き起こしてしまいます。

糖尿病は様々な眼の病気を引き起こす

眼に現れる血管障害は、糖尿病の初期段階で最も早く現れる部分なので、糖尿病の初期検査でも”網膜検査”は行われます。つまり、糖尿病や高血糖の為に血管障害が起こると、眼の毛細血管にも影響を及ぼしてしまうということです。
“糖尿病網膜症”は、3〜4の段階を経て進行していきます。この過程の中で、”網膜はく離”や”白内障”、”緑内障”等の様々な眼の病気を発症してしまう可能性が高いんです。

特殊な”糖尿病性黄班症”

眼の網膜には物をみるための視細胞が集まる黄班部という部分があります。この黄班部の血管が詰まったり血液の流れが滞ったり水泡が混じってしまい、物を識別して見分ける事が困難になってしまうのが黄班症です。この発症原因、実はあまりハッキリと解明されていません。
全体に病変が広がるわけではないのに、視力障害を起こす範囲は広いのが特徴です。
通常の黄班症は加齢に伴い発症するケースが一般的ですが、糖尿病が原因因子となる場合には糖尿病黄班症といいます。

糖尿病網膜症の進行と症状の変化

糖尿病・高血糖が原因でも、一度発症発症すると糖尿病の治療とは無関係に進行してしまうのが”網膜症”という合併症の特徴です。

単純網膜症

高血糖状態が続くと網膜周辺の毛細血管が傷つきやすくなり、もろくなります。もろくなった血管はこぶ状に膨れ(毛細血管瘤)、血管内が狭くなります。また、瘤のできた血管は破れやすく、出血すると出血跡(出血班)がみられます。す。また、出血した説液に含まれるたんぱく質や脂質といった成分は白い斑点(硬性白班)となります。
これは、糖尿病の初期検査で行われる”眼底検査”で発見する事が可能です。しかし、視力に影響が出ることも少なく自覚症状がないので自分で気付くことはほとんどありません。


前増殖網膜症

“単純網膜症”が進行すると、毛細血管にできたコブの数もどんどん増えて血管を詰まらせてしまいます。ここれは毛細血管閉塞症といいます。また、瘤を避けるために、血管は変な方向に曲がって走るようになる場合もあります。血管が破れて出血する部分も増えますので、出血班も比較的大きなものが見つかるようになります。
ここまで進行していると網膜に必要な酸素が供給されなくなり異常が現れますが自覚症状はほとんどありません。


増殖網膜症

酸素が不足した網膜では、新しい血管(新生血管)を作ったり、血管を蛇行させて変な方向にまで増殖させ酸素を供給しようとします。しかし、新生血管や急激の伸ばされた血管は、急ごしらえでもろく、網膜だけでなく硝子体にまで広がる出血を起こします。その為、視界にごみや糸くず状の影が見えるようになるのが特徴です。
また、新生血管を支える為の繊維性の膜が表面にできる為、網膜を引っ張って”網膜剥離”を引き起こします。
この段階にまで進行すると、眼のかすみや視力低下等の視覚障害が現れる事もあります。


失明

“増殖網膜症”の最終段階で、光を判別できる程度という失明寸前の状態になっているケースも少なくありません。”前増殖網膜症”や”増殖網膜症”へ進行した直後までなら、光凝固法という方法で手術を行い失明が防げる可能性もあります。
しかし、”増殖網膜症”の最終段階知覚ならないと視覚障害等の自覚症状が現れにくい為、期が付いた時にはすでに遅く、片目を失ったという人も沢山います。失明を防ぐためには、発症しやすいといわれるヘモグロビン値が高くならないように注意し、定期的に検査を受ける必要があります。