プラス糖尿病

糖尿病性壊疽・水虫

糖尿病性壊疽,水虫

皮膚や組織だけでなく、骨や神経までも腐ってしまい、せつだんしなければ命に関わる状態に進行する”壊疽”。
この壊疽は、糖尿病の間接的な合併症として認知度も高くなっていますが、「水虫も…?」と思った人も多いことでしょう。
そうなのです、水虫も糖尿病患者にとっては怖い疾患なのです。通常であればさほど危険な病気とは考えにくい病気ですが、水虫がもとで足を失った、というケースも珍しくありません。
もともと水虫持ちの人は、糖尿病の治療と並行して水虫も早く治療してしまいましょう。


“糖尿病性壊疽”とは

壊疽とは、傷から細菌に感染し、そこから化膿がどんどん広がって皮膚・皮下組織・骨までもが腐ってしまう状態です。

足で何が起こるのか?

糖尿病で血管障害が現れやすいのは、太い冠状動脈と末端部分の毛細血管です。特に足は心臓から一番遠い部分ですから、足の毛細血管には異常が起こりやすく改善されにくいんです。
特に起こりやすいのは、足の裏や甲、かかと、指先、指と指の間、爪の周りなどくるぶしから下の部分はほとんど全部といってもいいでしょう。しかし、いったん発症してしまうと進行スピードは速く、治療が遅れれば膝下を切断しなければいけなくなる場合や、敗血症を起こすと命に関わる恐ろしい疾患です。

血管障害が引き金に…

壊疽は毛細血管で動脈硬化が起こることで血液の循環が悪くなり、末端部分にまで栄養や酸素が供給されなくなることで起こりやすくなります。さらに、動脈硬化を引き起こした高血糖は、全身の免疫機能も低下させているため、通常は自然治癒できる傷でも最近に感染して化膿しやすくなっています。そのため、些細な深爪や足裏のマメ靴ズレ等からひどい化膿に進行してしまうこともあるのです。しかも神経障害があると、傷ができても痛みを感じにくい為、壊疽が進行しても気付かずに治療が遅れてしまうことがあるのです。

水虫と糖尿病性壊疽

水虫だけでなくちょっとした皮膚疾患も、糖尿病性壊疽の引き金となります。発疹や水ぶくれ等ができていないか、足以外の場所もこまめにチェックするようにしましょう。

水虫とはこんな病気

“水虫菌”特にと呼ばれる皮膚糸状菌の一種”白癬菌”皮膚で繁殖する疾患です。足の指や爪の周り足裏等にできやすく、水泡やただれ、皮膚の形状異常を伴うのが特徴です。繁殖を始めると、皮膚の内部へ菌糸を伸ばして進行します。
指の間にできるタイプや水泡ができるタイプは強い痒みを伴うことから、「水虫はかゆい」というイメージが広まっていますが、爪水虫や角質が増殖したり硬くなるタイプの場合にはかゆみを感じない場合もあります。

水虫からの壊疽を防ぐ

水虫の原因”白癬菌”は、繁殖すると皮膚に傷やただれを作ります。ここに雑菌やバイ菌が付けば、抵抗力のひくい糖尿病患者はすぐに炎症や化膿を起こしてしまい、その膿を餌に、どんどん化膿範囲が広がってしまします。
そのため、もし水虫ができてもつぶしたり掻いてはいけません。たかが水虫と自己治療や市販の薬を使う事は壊疽に進行させてしまう危険性があります。糖尿病性壊疽の治療を行っている専門の皮膚科で早急に治療を受ける事が重要なポイントとなります。

糖尿病性壊疽の予防と対策

汚れたり汗をかいたりしやすい足を清潔に保ち、正しい靴選びをすることが一番の予防・対策方法です。

足のお手入れ

お風呂の時とは別に、足だけは朝夕洗うようにしましょう。石鹸を良く泡立てて強くこすらないように指の間まで丁寧に洗いましょう。この時、小さな傷や異変が起きている部分がないかをチェックします。
洗った後は清潔なタオルで水気をやさしくしっかりと拭き取り、乾燥させます。水虫は水分が多湿った足が大好きです。しかし、自律神経障害がある場合には発汗作用が低下してひふが乾燥してしまってる事があります。過剰な乾燥はひび割れの原因になりますので、その場合は保湿クリームを塗っておくと良いでしょう。

靴選びと使い方

つま先・かかと・くるぶし・アキレス腱等が当たらない形の靴で、そこが適度に柔らかく圧迫せず大きすぎない靴が最適です。
新しく足にあった靴を購入したら、靴が足になじむまでは短時間履くだけにして柔らかくします。足になじんだ後も、長時間靴を履き続ける場合には途中で何回か脱いで足を拭いて清潔に保つと良いでしょう。
このような足にあった靴を2〜3足そろえておき、毎日ローテーションして履くようにします。同じ靴を連続して履くと湿気がこもり雑菌が増えやすくなります。