プラス糖尿病

血糖値を下げる運動

血糖値

糖尿病が発症する原因因子を増やさないようにすることができるのは、運動と食事なのです。
しかし、汗をかいたり疲れたと感じるくらい体を動かせば、エネルギーを消費して血中糖度も沢山使われただろう、と思い込んでしまう人も多いようですが、実際には血液中ではなく筋肉に蓄えられたエネルギーばかり使っていたり、逆に血圧を上げてしまい血管障害を招きやすい状態にしてしまっている場合もあります。
“血糖値を下げる”事が目的なのですから、血糖値が下がる体の動かし方やメカニズムを知っておきましょう。


体を動かす事は血糖値コントロールで大きな働きをします

体を動かす、といってもやみくもに動けばいいというわけではありません体を動かすことによって得られる効果や働きを知る事で、運動療法を取り入れる気持ちが高まるときっと長続きしますよね。

体を動かすとこんな効果が!

体を動かす時、筋肉は体内のエネルギーを使っています。その為体を動かしている最中の筋肉は血液中のブドウ糖を活発に取り込み消費するので、血糖濃度も下がります。また、体を動かす事による刺激は、インスリンに対する反応を敏感にさせる作用があります。
インスリンに対する反応が敏感になるという事は、少しのインスリンで沢山の血糖を取り込める仕組みが出来るという事なのです。ですから、突然インスリンが少し不足する事態が起きても、組織は問題なく血糖を取り込む事ができ膵臓への負担は少なくて済みます。

運動療法で得られる様々な作用

運動によるエネルギーの消費は、体内に蓄えられた脂肪細胞を減少させインスリンの働きを抑制する物質も分泌されにくくなります。インスリンが効きやすくなるので血糖値が下がりやすくなります。また、組織が吸収する糖質が不足しにくくなると、血糖値を上昇させるホルモン物質の分泌が減少します。
脂肪が減り肥満が解消されると、血中のコレステロールが減少し、動脈硬化が進んだり合併症が起こるのを防ぐ事ができます。
こういった作用が体質改善の良いサイクルを作る為、運動療法の効果も高める事ができるのです。

効果的な運動とは

運動には瞬発力を必要とするタイプと持久性のあるタイプがあります。それぞれに使用するエネルギー源が違うので、血糖を使うタイプを選ぶことで血糖値下げる効果が期待できるのです。

”有酸素運動”が血糖値を下げるのは…

運動には”有酸素運動”と”無酸素運動”があります。
”有酸素運動”は、初めにブドウ糖を使い、次に脂肪酸・アミノ酸を利用する仕組みです。反対に”無酸素運動”では、ATPをエネルギーとする跳躍やウエイトリフティング・短距離走タイプ、筋肉や肝臓に貯蓄されているグリコーゲンを使う100m程度の水泳や中距離走タイプがあります。これらは、消費するエネルギー源は直接血糖を使うものでもありませんし、血圧を急上させてしまうこともあります。そのため、血糖値を下げるには、”有酸素運動”が効果的なのです。

”有酸素運動”で得られるうれしい効果

“有酸素運動”はじっくりゆっくり行うため、血圧の上昇を防ぎながら血中のブドウ糖を長時間使い続けることができます。そのため、血糖値が上がってくる食後しばらくしてから”有酸素運動”を行うと、血糖値が上がるのを防ぎ適度な値のまま徐々に下げていくことができます。
また”有酸素運動”自体に心肺機能を高める効果がありますが、会話をしながら運動するとさらに心肺機能を高めることができます。そのため、本当にゆっくり楽しみながら続けられるスポーツやストレッチが効果的なのです。