プラス糖尿病

薬物療法の進め方

薬物療法

糖尿病で薬が使われるのは、薬を使わなければ基本的な生活が出来なかったり、薬によって状況を一時的にも改善しないと命に関わる自体になってしまう、という事です。
そう言われると、なんだか薬物治療が怖い物に感じてしまいそうですが、つまりは本当に必要な時にしか使わない、ということです。
また、糖尿病のタイプが原因別で色々とあるように、それぞれの病状や進行具合に合わせて使われる薬も違います。同じような状況だからと言って、他の人と全く同じ処方になるとは限りません。


投薬治療で使われる薬

糖尿病治療で使われるクスリには大きく分けて2種類あります。この2つは、使い方も働きも全く違うものですから、病状の進行具合やその時の状況に合わせて使い分ける必要があります。

経口降下薬

血糖値をコントロールする効果のある作用を持った飲み薬です。
糖尿病の治療に利用される経口薬には、多く分けて4つの作用をもつものがあります。小腸で糖質の分解・吸収を抑えるタイプと、膵臓を刺激してインスリンの分泌を抑えるタイプ、インスリンの働きを活性化させることで血中のブドウ糖利用率を高めるタイプ、筋肉組織でブドウ糖が使われるのをそくしんさせ肝臓からブドウ糖が放出されるのを抑制するタイプ、です。

インスリン

分泌されるインスリンの量が絶対的に少ない1型糖尿病や血糖コントロールが不良でインスリンを補わなければいけない時に使われる注射薬です。
注射薬として利用されえているものには、即効性タイプ・中間型タイプ・混合型タイプ・持続型遅行性タイプ・持続型タイプがあります。これらは症状に合わせて適切なものが選ばれます。

投薬治療が行われるまでの流れ

薬はその時の状況を一時的に改善するだけの治療ですから、根本的な治療方法ではないということをしっかり覚えておきましょう。

1段階目

糖尿病の原因とタイプを診断する

1型のインスリン依存型、もしくは2型でも急性で重篤な症状がある場合、二次性糖尿病で他の疾患を併発している場合、食事療法では症状をコントロールできない妊婦等には、この段階でインスリンを使った薬物療法が選択される事もあります。


2段階目

2型、もしくは早急な対応が必要ではない場合

1段階目で2型もしくは早急なタイプが必要ないと判断された場合には、薬ではなく食事療法・運動療法を行います。食事や運動等の生活習慣の改善治療を行い、血糖値のコントロールができるように指導し、定期的な検査で合併症の発症や病状の進行程度を確認します。


3段階目

経口降下薬の投与

2 段階目で行った食事療法や運動療法では血糖値の改善がほとんど見られず、逆に血糖値のコントロールが出来なくなった場合には、血糖経口降下薬を使った薬物治療が始まります。この段階では、合併症や他の疾患によって血糖値がコントロールできない原因が他に増えてしまっている場合もあるので、その場合には、疾患や合併症の治療も併せて行います。


4段階目

経口降下薬の増加

3段階目では一気に大量の血糖経口降下薬を使うことはありません。そのため、3段階目の薬物療法で改善が見られなかった、もしくは状態が悪くなってしまった場合には、投薬量を増やすか薬の種類を変更します。ここで改善されれば、様子をみて第三段階の薬の量に戻したり、現状維持を試みます。
4段階目では、場合によって血糖降下薬とインスリンが併用される事もあります。


5段階目

インスリンの使用

4段階目で改善が見られなかった場合には、低血糖による症状を抑えるためにインスリンを補う必要があります。この段階になり、インスリンを使用している場合にも食事療法は続けますが、旅行の時や他の疾患・けがなどにかかった時にも、糖尿病でインスリンを使用している状態だということを伝えなければいけません。
1型と同じようにインスリン依存型になっている2型や妊婦の治療にもこのインスリン注射治療が必要となる場合が多くみられます。