プラス糖尿病

経口血糖降下薬による治療

経口血糖降下薬,治療

糖尿病で薬を使った治療が行われるのは、食事療法や運動療法が出来ない場合血糖値のコントロールが困難な場合など、投薬療法がどうしても必要であると判断された時のみです。それは、薬が一時的な状況改善薬だからです。
しかし、薬を使うと一転して楽になることも多く、「治った」と勘違いして勝手に薬の使用を変更したりやめてしまう人がいます。これは命に関わることもあり、とても危険です。
薬物療法は一度開始したら、医師の許可中止が出るまではかなりの長期間、もしくは一生使い続けなければいけません。


糖尿病治療に使われる飲み薬

血糖をコントロールする為に使われる飲み薬には、体に対する作用の仕方が違うものがいくつもあります。これは、その人の症状や血糖が上昇している原因によって使い分けられています。

α―グルコシダーゼ阻害薬

経口降下薬の中でも初期段階に使われる事が多いタイプで、アカルボースやボグリボース等があります。
食物中の糖質を分解する時に分泌されるα―グルコシダーゼの分泌を抑制する働きがあります。食前に服用すると、小腸で糖質が分解・吸収されにくくなり、食後の血糖値が急上昇するのを抑える事ができます。
血糖値が急上しやすい食後でも上昇は緩やかになり、一日の中で起こる上昇・下降のリズムを安定せる事が出来るので、スルフォニル尿素薬を使用する場合に比べ、低血糖の症状が起こりにくいという特徴があります。


スルフォニル尿素薬

以前から糖尿病患者に使われる経口薬としてスルホンアミル剤とともに知名度が高い薬です。
膵臓を刺激してインスリンの分泌を活発にする、インスリンに対する反応を改善してブドウ糖の治療効率を高める、肝臓からのブドウ糖分泌量を抑制する、という3つが主な働きです。
初めは少量から処方されますが、このスルフォニル尿素薬の3つの効果が現れにくくなる二次無効という現象が起こりやすい為、定期検査を行い同じスルフォニル尿素薬でも効き方の違う種類に変更したり、処方量や使い方を変更する事があります。


インスリン分泌促進薬
(即効型)

即効性の高い薬なので、1日3回食事の直前30分前までに服用しなければいけない薬です。フェニルアラン誘導体と呼ばれる事のあり、スターシスやグルファスト等があります。スルフォニル尿素と同じようにインスリンの分泌を促進する働きがありますが、より低血糖を起こしにくく作用時間も短いという特徴があります。食前30分以上前に服用すると食前に低血糖を、食後の服用では血糖値を下げる効果がほとんどなくなってしまう為服用時間をきちんと守ることが大切です。


インスリン抵抗性改善薬

インスリンが効きにくくなっているインスリンに対する抵抗性が起こっている場合に使われる薬で、比較的新しく開発されたインスリンに対する感受性改善薬です。インスリンが効きにくくなっている原因を取り除くことで、血糖値を下げる効果が十分に作用されるように改善します。
この仕組みでは、血糖値を下げる効果がスルフォニル尿素薬よりゆるやかになりますが、低血糖が起こりにくいというメリットがあります。


ビグナイド

全身のブドウ糖利用率を高める、食欲を低下させる、小腸でのブドウ糖の吸収を抑制する、肝臓からブドウ糖が分泌されるのを抑制する、という4つの働きを持つ薬です。低血糖を起こす割合が少ないのですが、血中の乳酸量が増加しアシドーシスを起こす副作用が確認される事があります。アシドーシスを起こすと、痙攣や傷み、吐き気が起こり、最悪の場合昏睡から命が危険な状態になる場合もあります。そのため、この薬を服用する際には、体調の変化に十分注意し、変化が見られた場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。