プラス糖尿病

旅行時の対策

旅行,対策

糖尿病だから遠くへ出かけたり旅行へ行くのは無理…、と諦めることはありません。それどころか、自分の好きな場所や普段と違う所へ行くのは、ストレス解消としても有効的ですから、糖尿病治療として取り入れるのも悪くありません。
しかし、気分が高まって食べすぎたり、普段の何倍も急激に体を動かして疲れてしまっては、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまうことだってあります。
普段とはちょっと違う生活スタイルになる機会でも、必要なことに注意して十分楽しんでくださいね。


糖尿病でも旅行を楽しもう!

糖尿病治療には日本食が最適だといわれていますが、だからと言って海外旅行が出来ないなんてことはありません。海外でも適切な処置が受けられるように準備をしておけば、薬物療法を受けている人でも旅行を楽しむことができますよ。

糖尿病患者カードを用意する

日本糖尿病協会が発行している”糖尿病カード”には、自分の氏名・年齢・主治医・かかりつけの病院の連絡先の他、低血糖が起こった時の対処方法がわかるように記入しておくものです。これは災害時にも必要となりますので、場合には、かばんのおくなどにしまいこまず、ネックストラップをつけて服の下にぶら下げておいたり、取り出しやすい場所にしまっておきましょう。海外旅行へ行く場合には、糖尿病罹患者であることを証明する内容を英語や訪問先の言語で記入した”糖尿病証明書”を医師に作成してもらいましょう。

薬を入手する為の方法

薬物療法を行っている人は、普段自分が使用している薬を必要な分だけ用意しておきますが、万が一薬が足りなくなったり状態が急変した場合に対処できるように処方箋を用意します。海外でもインスリンや経口降下薬を入手する事は可能ですが、普段使っている薬は商品名である場合も多いんです。海外でその名前を言っても通じない事があるので、処方箋は必ず用意しておきましょう。糖尿病証明書と一緒に処方箋を作成してくれる場合もあります。また、事前に薬の使用方法や量を旅行に合わせて変更しておく場合もあります。

治療機材の持ち込み

インスリンの注射が必要な人は、飛行機や船での旅行中にも注射器等を濃移行しなければいけません。注射器も、必要な医療器具であるということの証明ができ、そのことをきちんと申告していれば飛行機の機内に持ち込むことも可能です。
注射器の場合、インスリンが入ったカートリッジがセットされているものであれば数量の制限が設定されていない事も多いようです。また、薬品名がわかるようにラベルを張っておいたり、確認された時に説明できるように治療に必要な薬はひとまとめにしておくと便利です。

旅行や災害時に起こりやすいトラブルと注意点

予測の出来ない自体が起こりやすいのが旅行中や災害時の避難生活中等です。

食事の時間

旅行で普段行ったことのないレストランに入ることも多いでしょう。注文したので、食前の薬を注射したのに30分も1時間も料理が出てこない、なんてこともあるかもしれません。
また、食事の時間を計画していても、そこまでたどり着けない、レストランが込んでいて待ち時間が長い等、決まった時間に食べることが出来ない可能性が高い事もあるでしょう。
食事をとる時間に合わせてレストランの予約をしておいたり、低血糖にならない為の補助食を多めに用意しておくことでこういったトラブルを開始する事が出来ます。

盗難

普通の人でも携行品の盗難はとても困りますし、一大事です。しかし、糖尿病罹患者の場合、もしインスリンや降下薬が入ったバックを盗まれたら困るどころではありません。低血糖が起きることを恐れてパニックになってしまう可能性もあります。
薬や注射器などは肌身離さず持っておくということも大切ですし、いざという時の為に2回分位の薬を別にしておくのもいいかもしれません。処方箋があれば、国内でも国外でも薬を処方してもらえますから、パニックを起こして自体を悪化させないように事前の準備が大切ですよ。